Googleアドセンスの1次審査申し込み手順について解説

[Last Updated]2017/12/27

AdSense 1次審査

アフィリエイトには成果報酬とクリック報酬型に2種類がありますが、初心者にオススメなのはGoogle AdSenseを使ったクリック報酬型のアフィリエイトです。

Google AdSenseとはGoogleがWebサイト運営者向けに提供する広告サービスのことで、審査さえ通れば誰でも簡単に無料で自分のブログに広告を貼って収益化することができます。

しかしながら、難しいのがこの審査。

審査は1次審査2次審査があり、だいたい申し込んでから2つの審査を通過するまでに1〜2週間程度はかかります。

今回はこのAdSenseの1次審査の申請の手順について記事にしてみました。

すでに1次審査を通過していて、2次審査に関して知りたい方はこちら。
⇒ Googleアドセンスの2次審査申し込み手順について解説

 

※追記(2017/9/22)

2017年6月あたりからAdSense審査は1次審査と2次審査が合併しました。

自分のサイトをAdSenseに登録した後すぐに2次審査が始まりますので、表示されるAdSenseコードを自分のサイトに貼る作業を行って下さい。

 

※こちらの記事に関しては最新の情報をアップするために常に更新を行っております。

いつ更新されたのかは下にある[Last Updated]の日付でご確認下さい。

 

Googleアドセンスの1次審査手順について動画で解説

 

WordPressのブログを立ち上げる

AdSense広告の審査には、以前までは無料ブログで行うのが通例でしたが、2016年の5月あたりを目処に無料のブログではほとんど通ることができなくなってしまいました。

よって、AdSense広告の審査を行うためには、レンタルサーバーを借りて、ドメインを取得して有料の媒体を使う必要があります。

有料とはいってもサーバー代金とドメイン料金合わせて、かかるのは毎月1200円程度ですので、AdSenseによってブログを収益化できれば簡単に元を取ることができます。

この審査に関してはWordPressのブログを使って行っていきましょう。

WordPressブログの立ち上げに関しては次の手順で行います。

  1. レンタルサーバーを借りる
  2. ドメインを取得してサーバーに紐付ける
  3. サーバーにWordPressをインストールする

まだの方は以下の記事を参考に、WordPressのインストールまでしていきましょう。
⇒ エックスサーバーで自己アフィリエイトでサーバーをレンタルする方法
⇒ エックスサーバーで独自ドメインを取得する方法
⇒ エックスサーバーにWordPressをインストールする方法

またWordPressを無事にインストールできたらWordPressの初期設定も行いましょう
⇒ WordPressインストール後に行うべき初期設定一覧

AdSense審査に出したブログをそのままトレンドブログにして収益化させることを考えているのであれば、この初期設定は全てやっておくことがオススメです。

 

WordPressに記事を投稿する

そしてWordPressの立ち上げが終わり、初期設定など一通り済ませたら、今度はここに記事を投稿していきます。

AdSense審査に通るか落ちるのかを決めるのはここの記事作成にかかっています。

以下の点に気をつけて記事を書きましょう。

  • 1000文字程度の記事を10〜15記事書く(継続的に投稿しているように見せる)
  • 芸能関係の記事は避ける(同じようなサイトが検索エンジン上にごまんとあるため)
  • 独り言をつぶやくだけのような日記系の記事にはしない
  • 記事の内容は訪問者にとって役に立つ内容にする
  • 他サイトからのコピペはしない
  • 画像や動画はあまり使用しない(フリー素材や自分で撮った写真ならOK)
  • 暴力的、性的なキーワードやお酒、タバコ、ギャンブルなどに関わるキーワー ドは使わない
  • 審査中はなるべく記事を更新する

詳しくは下記の記事で紹介をしておりますので参考にしてみて下さい。
⇒ AdSense審査を一発で通過するために気をつけるべきコツまとめ

 

AdSenseの1次審査申請手順

Gmailアカウントの取得

Google AdSenseはGoogleのサービスですので、まずはGoogleのアカウントを取得する必要があります。

まだ取得してない方はこちらの記事を参考にアカウントを取得してみて下さい。
⇒ インターネットビジネスに不可欠な GoogleアカウントとGmailの取得方法

 

AdSenseの申し込み

すでに取得している方はAdSenseのページに飛びます。

Google AdSense

赤枠で囲った「お申込みはこちら」をクリックしましょう。

 

そして次の画面でGoogleアカウントにログインをします。

Google AdSense

 

すると次のような画面になるので、審査に出す自分のサイトのURLを入力して、言語を選択し、「保存して次へ」を押します。

Google AdSense

 

そして次に必要な情報を入力していきます。

AdSense 審査

全て入力したら「お申込みを送信」を押しましょう。

 

すると次のような画面になり、電話番号による確認を行います。

AdSense 審査

SMSか通話かお好きなほうを選んで確認コードを送信しましょう。

SMSの場合はその後メールで、通話の場合はその後自動電話がかかってきて、確認コードを言い渡されます。

次の画面でそれを入力すると、審査待ちの画面になります。

AdSense 審査

これで1次審査に関する作業は終わりです。

審査期間中は、審査に出す前と同じように記事の更新をきちんと続けて有益な情報を発信していることをアピールしていきましょう。

 

1次審査の作業が終わったら

以前までは審査に通過した場合はメールにて連絡がきたのですが、最近の傾向としてはメールでは来なくてAdSenseにログインをしてみたら受かっていたというケースがかなり多いようです。

AdSenseのアカウントにログインをしてみて、以下のような画面になっていたら無事1次審査通過ということになります。

AdSense 審査

1次審査が完了したら次は2次審査です。

⇒ Googleアドセンスの2次審査申し込み手順について解説

 

※追記(2017/9/22)

2017年6月あたりからAdSense審査は1次審査と2次審査が合併しました。

自分のサイトをAdSenseに登録した後すぐに2次審査が始まりますので、表示されるAdSenseコードを自分のサイトに貼る作業を行って下さい。

⇒ Googleアドセンスの2次審査申し込み手順について解説

 

※こちらの記事に関しては最新の情報をアップするために常に更新を行っております。

いつ更新されたのかは下にある[Last Updated]の日付でご確認下さい。

     
nomadic wood

[Created]2016/09/18[Last Updated]2017/12/27 | Posted in Google AdSense
   

Related Posts