Mac Safariで使えるシークレットモードのショートカットキー

[Last Updated]2017/01/24

Mac パーソナライズド検索

ブログやサイトなどを運営しているとやはり気になるのが、自分の記事が検索エンジンでどれくらい上位に表示されているのかということ。

検索されるキーワードによってもちろん異なりますが、一般的に言うと検索順位が1位だと全検索ボリュームの34%、3位まででなんと全体の62%の検索需要を取り込むことができます。

このため、自分のブログの記事が検索結果で1位になったらとても嬉しいのですが、その検索結果、実はあなた専用になっているんです。

今回はこれを解除するための方法であるシークレットモードについてと、これをMacで簡単に起動することができるショートカットキーについて紹介をします。

 

ブラウザのシークレットモードとは?

実はGoogleなどの検索エンジンはとてもお利口さんで、あなたがこれまでに検索窓に打ち込んだキーワードや訪れたサイトを元に、検索結果をあなた専用にするパーソナライズド検索という機能がついています。

パーソナライズド検索に影響を与える要素は詳しくは分かりませんが、

  • 過去に調べた検索キーワード
  • 訪問したサイトやクリックしたリンクの履歴
  • ユーザーの所在地
  • ソーシャルネットワーク上での他の人との関係性

などなどです。

そう言えば、「パスタ」とかのキーワードで調べると自分の住んでいる地域でオススメのものが上にでてきますよね。

また、自分のスマホと他人のスマホで同じブラウザを使って同じ単語で検索をかけてみても、おそらくその検索結果は異なるはずです。

 

シークレットモードとはこれを全てなしにして、完全に純粋な検索結果の順位を調べることができます。

自分のブログやサイトは自分もかなり訪れるでしょうから、検索結果でも上のほうに表示される確率が高くなります。

ある単語で調べてみた時に「やった自分の記事が一番上に表示されている!」と思っても、シークレットモードで検索してみると「実は5位だった」ということも少なくありません。

ぬか喜びさせられて若干気持ちが萎えますが、やはりそれが事実。

きちんと現実と向き合って、上位のサイトに勝つにはどうすればいいのか作戦を立てることができるという意味でプラスに捉えましょう。

また、パーソナライズド検索では検索履歴やCookieが残ることもありません。

自分の趣味嗜好が検索結果に繁栄されることがないので、逆に自分が普段どんなことに興味を持って何についてよく検索をしているのかも分かったりします。

 

MacのSafariでシークレットモードをショートカットキーで開く方法

それでは次にいよいよMacのSafariでシークレットモードを起動するやり方について解説していきます。

といってもやり方は単純で「Shift + command + N」を押すだけです。

シークレットモード Mac

このように検索窓が暗くなったら完了です。

 

あるいはメニューバーから「ファイル」を開いて「新規プライベートウィンドウ」をクリックしてもできます。
(Macではシークレットモードのことは「プライベートウィンドウ」と呼ばれています。)

シークレットモード Mac

 

この状態でいろいろと検索してみると…

・パーソナライズド検索

シークレットモード mac

 

・シークレットモード検索
シークレットモード mac

この通り、検索結果が異なるようになりました。

 

ちなみにSafariではなくてGoogle Chromeをお使いの方も同じく「Shift + command + N」でシークレットモードが開けます。

シークレットモード Mac

 

また実はこれはiPhoneでも使うことができます。

iPhone シークレットモードこれで「プライベート」の部分を押せばいいだけです。

 

iPhone シークレットモード

「プライベートって一体なんのこと?」と思っていた人もいらっしゃると思いますが(僕もそうでした)、実はシークレットモードのことだったんですね。

 

まとめ

ということで今回はMacでシークレットモードをショートカットキーで起動する方法について解説してみました。

実は検索順位をチェックする時以外でも、例えば家族だったり仕事場で共用のPCを使っている時に使うことができます。

特に何かのサービスのログイン情報とか残るとやばかったりするので、そんな時はこのシークレットモードを利用していきましょう。

     
nomadic wood

[Created]2017/01/24[Last Updated]2017/01/24 | Posted in Tools
   

Related Posts