Googleアドセンスの2次審査申し込み手順について解説

[Last Updated]2017/09/22

AdSense 2次審査

Google AdSenseで1次審査に通過することができたら、今度は2次審査が待っています。

2次審査ではAdSenseの広告を自分の審査用のサイトに貼り付けるだけです。

ここで注意しておきたいのが、1次審査はシステムが機械的にチェックするだけだったのに対して2次審査では人間が実際にサイトを見てチェックするということ。

つまり、それだけちゃんとしたサイトを作っているのかをよく見られますし、その分時間もかかります。

しかし、これさえ乗り越えればあとは自由にAdSense広告を貼って収益化に集中できるので、一回で通過するのは難しいかもしれませんが、粘り強く頑張っていきましょう。

 

1次審査がまだ終わっていない方はこちらをどうぞ。

⇒ Googleアドセンスの1次審査申し込み手順について解説

 

※追記(2017/9/22)

2017年6月あたりからAdSense審査は1次審査と2次審査が合併しました。

自分のサイトをAdSenseに登録した後すぐに2次審査が始まりますので、表示されるAdSenseコードを自分のサイトに貼る作業を行って下さい。

 

※こちらの記事に関しては最新の情報をアップするために常に更新を行っております。

いつ更新されたのかは下にある[Last Updated]の日付でご確認下さい。

 

Googleアドセンスの2次審査の手順について動画で解説

 

Google AdSenseの2次審査申し込み手順

2次審査は自分のブログにAdSenseのコードを貼った時点から開始がされていきます。

 

まずはAdSenseのページにいってログインをしましょう。

AdSense 審査

1次審査に通過をするとこのような画面になっているはずです。

こちらのページに書いてある

  1. 下のコードをコピーして下さい
  2. (自分のサイトのURL)のHTMLで<head>タグを探し、その直後に貼り付けます。
  3. 完了したら、チェックボックスをオンにして[完了]をクリックしてください。

の手順通りに進めていきましょう。

 

一番わかりにくいところは2の

  • (自分のサイトのURL)のHTMLで<head>タグを探し、その直後に貼り付けます。

だと思いますが、これはWordPressメニューの「外観」⇒「テーマの編集」⇒「テーマヘッダー (header.php)」から貼り付けを行います。

AdSense 審査

お使いのテンプレートによっては必ずしも<head>ではなく、<head prefix〜となっていると思いますが、その場合は<head prefix〜の直後に貼りましょう。

こちらの画像は「賢威」がテンプレートですが、「賢威」も<head>ではなく、<head prefix〜となっています。

貼った後は「ファイルを更新」するのをお忘れなく。

 

貼り付けて保存をしたら、AdSenseの画面に戻り、チェックボックスにチェックを入れて、「完了」を押します。

AdSense 審査

 

すると以下のような画面になります。

AdSense 審査

こうなれば申し込みが完了ですね。

 

ちなみにAdSenseのコードを正しく埋め込めたのかどうかはブラウザのグーグルクロームを使えば確認をすることができます。

自分のサイトで右クリックをし、「ページのソースを表示」を押しましょう。

グーグルクローム

 

これで見てみると…

AdSense コード

このようにAdSenseコードが埋め込まれているのが確認できます。

こうなっていれば完了です。

 

2次審査申し込み後にすべきこと

申し込みが終わればあとは基本的には審査に受かるのを待つのみですが、審査の期間中は1次審査の時と同じでしっかり記事の更新を継続していきましょう。

審査に出したっきり全く更新をしていないとただ金稼ぎのためにAdSenseに申し込んだ感が強くなってしまいます。

そうなるとチェックをするGoogleの担当者もよくは思わないので、少しでも記事を更新していくことがオススメです。

 

2次審査通過後にすること

無事2次審査に通ったら、次のようなメールが届きます。

AdSense 2次審査

これで正真正銘、晴れて収益化のために記事を書いていくことができます。

 

そして、メールにも記載されていますが、審査に受かったあとは報酬を受け取るための自分の口座を登録します。

せっかく収益が発生しても口座を登録しないと報酬を受け取れませんからね。

口座の登録が終わってからしばらくするとGoogleから数十円のデポジットが送金されてきます。

その金額をアカウント上で登録したら銀行口座が正式に登録されます。

こちらは審査通過後のメールに詳しく記載されているのでご覧下さい。

 

まとめ:AdSense審査は気長に待つ

AdSenseのサイトには「サイトの審査には最大で3日かかります」とでっかく書いてありますが、こんなに早く終ることなんてほとんどありません笑

通常は早くても1週間、長いと何ヶ月にも渡ってこない人もいます。

こう言うと「そんなにかかるのか…」と落ち込んでしまいがちですが、ここは本当にGoogleのさじ加減なのでなんとも言えません。

ただ僕の経験上では以下のような感じで審査用のサイトを作っていくと比較的早く受かりやすいかなと思いますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

⇒ AdSense審査を一発で通過するために気をつけるべきコツまとめ

 

また、Google AdSenseをブログに埋め込む方法については以下で紹介をしています。

⇒ AdSenseで1.5%以上のクリック率を保つための広告設置位置

 

※こちらの記事に関しては最新の情報をアップするために常に更新を行っております。

いつ更新されたのかは下にある[Last Updated]の日付でご確認下さい。

     
nomadic wood

[Created]2016/09/18[Last Updated]2017/09/22 | Posted in Google AdSense
   

Related Posts