PhotoScapeで画像加工・枠づけやモザイクなど便利な機能満載

[Last Updated]2016/10/10

photoscape、画像加工

今回はパソコンで画像を加工する時に重宝するPhotoScape(フォトスケープ)という画像加工ソフトについて解説していきます。

PhotoScapeは軽くてサクサク動くわりに、画像のサイズ変更、切り抜き、テキストや図形の挿入、ぼかし(モザイク)など便利な機能が満載です。

初心者でも簡単に扱うことができるので、画像加工には非常にオススメのソフトとなっています。

 

PhotoScapeの使い方について動画で解説

 

PhotoScapeのインストール方法

こちらのダウンロードページからPhotoScapeをインストールしていきましょう。

Macの場合はこちらから。

以前まではMac版のPhotoScapeは英語にしか対応していなかったのですが、いつの間にか日本語対応もされていました。

今回はMac版でのダウンロードについて見ていきます。

上のリンクからApp Storeに飛んで、PhotoScapeをインストールしていきましょう。

PhotoScape

青くなっている”install“を押すと勝手にインストールが始まります。

 

インストールできたら早速開いてみましょう。

こちらがPhotoScapeの画面です。

PhotoScape

 

何か画像を編集したい場合は上の「写真編集」という部分を押します。

するとこのような画面になります。

PhotoScape

 

あとはこの画面に自分が編集したい画像をドラッグ&ドロップしていくだけです。PhotoScape

 

PhotoScapeで画像を加工

このPhotoScape、トリミング、テキスト挿入、図形挿入、カラー変更などなど、画像加工はこれ一つあればいいくらいかなり機能が充実しています。

今回はその中でも枠づけモザイクのかけ方について解説します。

 

PhotoScapeで枠づけをする方法

ブログやサイトを運営していて、説明のために画像のある部分を赤枠で囲んで強調したりなんてことをする方は多いのではないでしょうか。

PhotoScapeで囲み枠を使う場合は次のようにします。

写真をドラッグ&ドロップしたら「挿入」のボタンを押します。

PhotoScape

 

次に中が抜けている「」を選びましょう。

PhotoScape

 

あとは好きなように枠の大きさを調整していくだけです。

PhotoScape

 

枠の太さ、色などは簡単に調整可能です。

このようにフレームをつけることもできますね。

PhotoScape

 

PhotoScapeでモザイクをかける方法

自分のアカウント名などの個人情報が載っている画像に関しては、インターネット上で使う場合モザイクをかけることが必要になってきます。

PhotoScapeの場合はまず右上の「道具」を選びます。

Screen Shot 2016-08-23 at 19.01.01

 

そして次に「モザイク」を選びます。

PhotoScape

 

するとモザイクブラシが使えるようになるので、あとはモザイクをかけたい部分にブラシを当てていくだけです。

PhotoScape

今回は失礼してこちらの猫さんの目にモザイクをかけさせて頂きました。

 

画像のペイントを行う場合はFireAlpacaと併用を

インターネットビジネスを行っていると画像を編集する機会も多いかと思いますが、僕は画像編集に関してはほぼこのPhotoScapeだけで済んでいます。

しかし、残念ながらPhotoScapeにはペイントの機能がついていません。

そんな時はこれまた無料でとても使い勝手が良い”FireAlpaca“というソフトを使っていきましょう。
⇒ 無料ペイントソフト・FireAlpacaで画像の塗りつぶしを行おう!

このソフトを使う時は主にサイトのヘッダーやロゴを作る時。

ペンを使ったり、ペンキで塗りつぶしを行うなどの細かい編集を行う時はFireAlpacaを使っていくと良いでしょう。

また、PhotoScapeにもここで紹介した以外に便利な機能がたくさんあるので、ご自身でいろいろ試して探してみて下さい。

     
nomadic wood

[Created]2016/08/23[Last Updated]2016/10/10 | Posted in Tools
   

Related Posts