無料ペイントソフト・FireAlpacaで画像の塗りつぶしを行おう!

[Last Updated]2017/04/09

firealpaca

インターネットビジネスでサイトのデザインを考える時など、画像の特定部分の塗りつぶしをしたり、細かい部分を調整するために軽くペンを入れていきたいなど思うことがあるでしょう。

なんでもできる画像編集のスーパーソフトと言えばやはり”Photoshop”でしょうが、かなり動作が重いし、そもそもお金がかかるので、僕は画像の加工に関しては”PhotoScape(フォトスケープ)“を使っています。

たいていのことはこのPhotoScapeで済むのですが、PhotoScapeは画像の塗りつぶしやペイントなどをしにくい点が難点です。

そこで今回紹介するのが無料のペイントツール”FireAlpaca(ファイアーアルパカ)“。

動作も無茶苦茶軽いし、無料で使えるのにすごいクオリティーです。

MacでもWindowsでも使えるのでペイントツールを探しているのであれば、ぜひご活用下さい。

 

FireAlpacaについて動画で解説

 

FireAlpacaのダウンロード

ではまずFireAlpacaの公式ページからソフトをダウンロードしていきます。

fire alpaca

Mac版かWindows版を選んでダウンロードしていきましょう。

 

ダウンロードできたら、こちらの可愛らしいアルパカさんのアイコンが目印です。

アルパカ

 

ちなみにMacの場合ですが、FireAlpacaはApple Storeなどで扱われているソフトではなので開こうとすると以下のような警告ポップが表示されると思います。

Fire Alpaca

 

こんな場合は「環境設定」から「セキュリティーとプライバシー」を開きましょう。

環境設定

 

そしてカギのマークのところをクリックして、パソコンのパスワードを入れます。

環境設定

 

その後、「すべてのアプリケーションを許可」に切り替えます。

環境設定

これでFireAlpacaが開けるようになったはずです。

ウイルスなど少し不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、きちんと公式ページからダウンロードすれば特に問題ありません。

FireAlpacaが開けるようになったら、設定は元に戻しておきましょう。

 

FireAlpacaの使い方

使い方はとっても簡単。

まず編集したい画像をドラッグ&ドロップします。

FireAlpaca

 

主に使うのは左側にあるサイドバー。

Fire alpaca

これだけ使いこなせればほとんどなんでもできます。

ペンの太さを変えたり、

ペン

ブラシを使ったり、

ブラシ

塗りつぶしをしたいなら、こちら。

塗りつぶし

画像をもっと細かく修正したいならスクロールするか右上の部分で拡大して、

fire alpaca

これでかなり細かく修正ができます。

何か間違えてしまって元に戻したいのであれば「Ctr + Z」を同時押ししましょう。(Macなら「command + Z」)

まだまだ機能はありますが、基本的にはこれだけできれば充分です。

 

PhotoScapeと併用を

FireAlpacaはペンを使えるのでかなり細かい編集にかなり便利です。

ですが、画像をちょっと切り取ったり、フレーム付けするだけという場合は”PhotoScape(フォトスケープ)“を使ったほうが便利だと思うのでこちらと併用をしたらいいのではないかと思います。

自分のブログのヘッダーやプロフィール画像を作る場合など、おそらく細かいところにこだわって編集したい画像などが出てくるはずです。

そんな時は”FireAlpaca”をぜひ使ってみて下さい。

ちなみに、なぜ”Fire”なのか、なぜ”Alpaca”なのかは不明です。

     
nomadic wood

[Created]2016/10/05[Last Updated]2017/04/09 | Posted in Tools
   

Related Posts