ネットビジネスするならMacとWindowsどっちがオススメ?

[Last Updated]2017/11/07

Mac Windows ネットビジネス

「これから本格的にネットビジネスを始めたいからパソコンを新調しようと考えている」

「ネットビジネスをするならWindowsがオススメって聞いているけど本当?」

MacとWindowsの違いについては様々なところで語られていますが、ことネットビジネスとなると一体どっちのほうがオススメなのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回はMacとWindowsの両方の経験がある僕が、ネットビジネスをする上ではどちらがオススメなのか徹底的に語ってみようと思います。

パソコンを選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

 

僕はMacユーザーです

まず最初に僕が今現在どっちを使っているのかいうとMacを使っています

パソコンがMacなのはもちろんですが、スマホはiPhoneだし、iPodも持っていて、オンラインストレージはiCloudを拡張しているというなかなかのAppleヘビーユーザーです。

パソコンは以前はMac Book Proでしたが、古くなったので今はこちらのMacBook Air (13-inch, Early 2015)を使っています(2017年2月時点)。

Mac

画像出典:http://ascii.jp/elem/000/000/993/993174/

値段は約10万円ほどでしたが、前に使っていたMac Book Proがビックカメラで5万円程度で買い取りしてもらえたので、ほぼ半額で買うことができました。

さらに外に持ち運ぶことが多いので調子が悪くなった時のために、3年間の故障サポートもつけています。

 

ネットビジネスにオススメなのはMacとWindowsどっち?

おそらくこの記事を読んでいらっしゃる方は「ずっとWindowsだったけどMacにしようか迷っている」という方がほとんどだと思います。

確かにMacを使ったことがほとんどない方からしてみれば、Macは人によって使いやすい・使いにくいどっちの意見もかなりあるので迷ってしまいますよね。

 

早速結論を言ってしまうと、別にどっちでも良いというのが僕の意見です。

Windowsのほうがシェアが圧倒的に多いので、Macだといろいろと不便があるんじゃないかと恐れる人もいらっしゃいますが、WindowsにできてMacに出来ないことなんてほとんどありません。

必ず互換となる機能や別の手段がMacにもあります。

以下でMacを使う際の懸念事項とその対策について解説をしていきます。

 

ネットビジネスでMacを使うことによる懸念事項とその対策

Microsoft社のOffice製品

Macにしようという時に大きな障害となるのがおそらくMicrosoft社のOffice製品がついていないことだと思います。

アメリカのシリコンバレーを中心にビジネスの場もどんどんMac化してきているという話もありますが、日本の会社で使われているのは圧倒的にWindowsですので、仕事でよくExcelやPowerPointを使う人はかなり心配になるところでしょう。

ですが、実はMacでもそれぞれのOffice製品に対応するものが始めからインストールされています。

  • Word ⇒ Pages
  • Excel ⇒ Numbers
  • PowerPoint ⇒ Keynote

僕はそれまでずっとMicrosoftのOffice製品を使っていたので、初めてMacのものを使った時は確かに画面の感じがちょっと違ったり、使い方が異なったりで使いにくい思いをしました。

MicrosoftのOffice製品に備わっている機能が実はMac版のほうにはないなんてこともけっこうあります。

ですが、別にネットビジネスをする上ではそんなに複雑な操作は必要ありませんし、Mac版のほうがよりシンプルで直感的に作られているので実はけっこう使いやすかったりします。

普段からExcelでバリバリ難しい関数を使ったり、プレゼンテーションデザイナーとして仕事をしているとなるとやはりOffice製品がオススメですが、ほとんどの方はそうではないでしょう。

 

それに実はMacでも「Office Online」というものを使えばネット経由で無料でOffice製品を使うことができたりします。

Office

Officeのライセンスを買ってMacにインストールをするのと比べて多少機能は制限されますが、MacでもタダでOffice製品を使うことが可能です。

 

また、Word、Excel、PowerPointのファイルは、Macで開いた際にはPages、Numbers、 Keynoteに自動で変換されます。(多少レイアウトがズレることがある)

逆にPages、Numbers、 KeynoteをWord、Excel、PowerPoint形式に変換して出力もできます。

Mac ネットビジネス

Windowsのパソコンに添付ファイルを送りたい時はこのように変換してあげれば相手のパソコンがWindowsでも開くことができます。

Windowsとの互換性という意味では問題ありません。

 

Windows限定のツール

MicrosoftのOffice製品もそうですが、よくMacではWindowsで使えるツールやソフトが使えないことが多くあります。

ざっと僕が経験した限りだとネットビジネスで有名なツールの中では以下のものはMacでは使用できません。

  • FFFTP(FTPソフト)
  • Rapture(キャプチャーソフト)
  • キーワードスカウター(キーワード選定ツール)
  • シリウス(サイト作成ツール)
  • フォローマティック(ツイッター用ツール)

 

ですが、先程も言った通り、こうした場合はほとんどの場合Macに対応するものがあります。

  • FFFTP(FTPソフト) ⇒ Cyberduck
  • Rapture(キャプチャーソフト) ⇒ command + shift + 4
  • キーワードスカウター(キーワード選定ツール)  ⇒ コンパス
  • シリウス(サイト作成ツール) ⇒ メビウス
  • フォローマティック(ツイッター用ツール) ⇒ デスクトップクラウドを開設(詳しくは以下で)

このようになっているので、僕はMacを使っていて別に不自由をすることはありません。

それどころか画面の一部分をスクリーンショットしたい時、Windowsなら「Rapure」というソフトを使う必要がありますが、Macなら「command + shift + 4」でできるので返ってこちらのほうが便利です。

今の時代、パソコンに直接インストールするタイプではなく、インターネットを経由して使うクラウド型のサービスが圧倒的多数になってきていますので、WindowsとMacというOSに縛られることもどんどん減っていくでしょう。

 

最終手段としてMacのパソコンでWindowsを使う

ですが、それでもどうしてもWindowsを使う必要がある場合、最終手段としてMacのパソコンでWindowsを使うという手もあります。

デスクトップクラウド

こちらはデスクトップクラウドというMac・iPad・iPhone・Android・WindowsPhone などの様々な端末からWindowsPCが利用できる、インターネットの仮想 デスクトップサービスです。

簡単に言うと、Macのパソコンからインターネットを経由してWindowsのデスクトップにアクセスできるサービスで、Windowsのパソコンを買う必要なく、Windowsの環境を使うことができます。(使うにはネットに繋がった環境が必要)

安いものだと月々の料金は2400円から使うことが可能です。

⇒ デスクトップクラウドのHP

僕の場合はフォローマティックというツイッターツールを使う場合にこのデスクトップクラウドを使っています。

上で紹介をした通り確かにネットビジネスのツールはMac非対応のものも多いのですが、こうしたサービスもあるので僕は特にMacを使っていて不自由な思いをすることはありません。

それに実はデスクトップクラウドならフォローマティックを24時間稼働させることが可能です。

通常のWindowsパソコンでこのツールを使う場合は、自分のパソコンを24時間電源を落とさずにしておかなければなりません。

24時間パソコンの電源をつけっぱなしするのは気が引けますが、デスクトップクラウドを使えば自分のMacのパソコンの電源を落としても、ネット上にあるWindowsの環境は24時間稼働してくれるので大変効率が良いです。

 

僕がMacを使う理由

上で見てきた通り別にMacでもWindowsでもネットビジネスをする上では大した違いはありません。

ではなぜ僕は好んでMacを使っているのか。

そこまでたいした理由はありませんが、一応以下で理由を挙げてみました。

 

とにかく美しい

MacはWindowsと比べて段違いにかっこいい。

製品の見た目もそうですが、ユーザーインターフェースもとことこんシンプルさにこだわっていて、これで作業しているとなんだかモチベーションが上がります。

 

iPhoneとの互換性抜群

また、僕はiPhoneユーザーでiPhoneで撮った写真をパソコンで加工してブログに載せることも多いです。

そうした時はMacだとデータのやり取りが非常にスムーズにできて大変便利。

さらにiTunesを使ってセミナーの音声をiPhoneに入れて暇な時に勉強したりもするので、そうなるとやはりMacです。

 

操作が直感的

少なくとも僕はトラックパッドとかアイコンとか直感的だと思います。(Windowsに慣れた方からしてみればどこがと言いたくなるかもしれませんが…)

 

まとめ

ということで今回はネットビジネスをする上でオススメなのはMacかWindowsかということについて紹介をしました。

結局のところ結論は本当にどっちでも良いと思います。

Windowsが使い慣れているのならWindows。

Macでちょっとオシャレな気分を味わいたいのならMac。

ネットビジネスで稼いでいる人は9割がMacを使っているなんて情報もありますが、これは本当かどうか一切不明ですので別に信じなくても良いかと。

今回はあくまでもネットビジネスをする上でという話ですので、その他の機能や値段のことについては「Mac Windows 違い」などでネットで調べてみて下さい。

ただあえて言うのなら、多少お値段は張りますが僕はWindowsよりはるかに美しいMacがオススメです。笑

     
nomadic wood

[Created]2017/02/24[Last Updated]2017/11/07 | Posted in Tools
   

Related Posts