エックスサーバーのメールをGmailに転送して受信・送信する方法

[Last Updated]2017/03/02

Gmail エックスサーバー

今回はエックスサーバーで独自アドレスを取得する方法に始まり、それをGmailで受け取って独自アドレスで送信する方法について紹介しました。

独自アドレスのほうがフリーアドレスと比べて信用度も高く見えますし、ブランディングにもつながりますので、ぜひ参考にして見て下さい。

 

エックスサーバーで独自アドレスを取得する

まずはエックスサーバーから独自アドレスを取得していきます。

エックスサーバーのインフォパネルへ飛び、サーバーパネルへログインをします。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

 

その後「メールアカウント設定」をクリック。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

 

そして独自アドレスを作りたいドメインを選択します。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

 

選択したら「メールアカウント追加」のタブに切り替えます。(僕の場合はすでに一つアドレスを作成済みです)

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

 

すると次の画面になるので該当する箇所を入力しましょう。

容量」については特にこだわりがなければそのままで良いと思います。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

 

入力が終わり、「メールアカウントの作成(確認)」を押すと次の画面になります。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

ここで確認をしたら「メールアカウントの作成(確定)」を押します。

 

すると次のようにメールアカウント作成完了画面になるので、今度は「メールソフト設定」のタブに切り替えます。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

 

すると次のような画面になります。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

赤枠で囲まれている部分が後でGmail側の設定の時に使うものですので、ページをこのまま開いておくか、どこかに控えておきましょう。

 

エックスサーバーのメールをGmailに転送して受信する方法

では次はGmail側の設定に移ります。

まずは受信の設定から行っていきましょう。

 

Gmailを開いたら、右側の「歯車ボタン」を押して「設定」をクリックします。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

 

すると次のような画面になるので「アカウントとインポート」というタブをクリックします。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

 

こちらでメールの送受信の設定を行っていきます。

赤枠で囲った「メールアカウントを追加する」を押しましょう。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

 

すると次のような新しいウィンドウが開きますので、追加したいアドレスを入力して、「次へ」を押します。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

 

その後「他のアカウントからメールを読み込む」を選択して「次へ」。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

 

すると次のような画面になります。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

  • ユーザー名:エックスサーバーで作成した独自アドレス
  • パスワード:エックスサーバーでメールアカウントを追加する時に決めたパスワード
  • POPサーバー:エックスサーバーの受信メール(POP)サーバー
  • ポート番号:110

を入力します。

POPサーバーは先程のエックスサーバーの画面で確認したものです。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

またいくつかチェックボックスがありますが、基本的には「受信したメッセージにラベルをつける」のみをチェックすれば良いでしょう。

これにチェックを入れるとGmailで見た時にエックスサーバーから転送されてきたことが一発で分かります。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

全部入力して「アカウントを追加」を押せば受信の設定は完了です。

 

エックスサーバーの独自アドレスでGmailから送信する方法

今度は逆にエックスサーバーの独自アドレスでGmailから送信をする設定を行います。

前の画面からそのまま送信の設定に移れます。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

 

まずは自分のメールが相手の元に届いた時に、自分の名前がどんなふうに表示されたいのか入力し、「次のステップ」を押します。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

エイリアスとして扱います」のところは特にチェックを入れる必要はありません。

エイリアス(alias)は転送する側のアドレス(この場合”test@nomadicwood.com”)も積極的に利用する場合は使うと便利ですが、今回は全てのメールをGmailに転送して、メールの送信も全てGmail経由で行うので必要ありません。

 

すると次の画面になるので必要事項を入力します。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

  • SMTPサーバー:エックスサーバーの送信メール(POP)サーバー
  • ポート番号:587
  • ユーザー名:エックスサーバーで作成した独自アドレス
  • パスワード:エックスサーバーでメールアカウントを追加する時に決めたパスワード

SMTPサーバーのところは今度は送信メール(SMTP)サーバーの部分を使います。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

TSLを使用したセキュリティで保護された接続」を選択し、「アカウントを追加」をクリックします。

 

すると「確認コード」の入力が求められますので、今度はエックスサーバーのログイン画面からWEBメールにアクセスします。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

 

メールボックスを見てみると「確認コード」が記載されたメールがきているはずです。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

 

これを入力すれば送信側の設定も完了です。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

このようになっていれば設定完了です。

デフォルトの返信モードを選択」が「メールを受信したアドレスから返信する」になっていることも確認しましょう。

 

まとめ

ということで今回はエックスサーバーのメールをGmailに転送して受信・送信する方法について紹介しました。

なお、Gmailがエックスサーバーのメールを転送するのはだいたい1時間に一回程度なようです。

すぐに見たいという方は先程の画面から「メールを今すぐ確認する」を押せば確認できます。

エックスサーバー Gmail 送信 受信 転送

Gmailでメールを受け取って、Gmailから返信できるようにしておけばスマホからの確認も楽チンですよね。

この設定は同じ手順で

  • mail@nomadicwood.com
  • info@nomadicwood.com
  • test@nomadicwood.com

のように複数のアドレスで設定することが可能です。

用途に分けて使い分けをしてみて下さい。

     
nomadic wood

[Created]2017/03/02[Last Updated]2017/03/02 | Posted in Tools
   

Related Posts