EWWW Image Optimizerの設定方法と使い方|画像を圧縮できるプラグイン

[Last Updated]2017/06/14

EWWW Image Optimizer 設定方法

プログを書いていくとどんどんと多くなってくるのが画像

画像を使うことによってより分かりやすい説明が可能になるし、記事の見栄えもよくなるのでたくさん使う方も多いと思いますが、ほとんどのブログでは最もサーバーの容量を食うのは画像で、あまり入れすぎるとサイトの表示速度がかなり遅くなります。

そうなるとなかなか画像が表示されなくてユーザーをイライラさせることになり、そのままページを閉じられてしまうかもしれません。

そこで使えるのが今回紹介する”EWWW Image Optimizer“というWordPressのプラグイン。

これを使えばすでにブログにアップロードしている画像から、これからアップロードする画像まで全て自動で圧縮して、画像の使いすぎでページの表示速度が遅くなるのを助けてくれます。

すでにアップロードしている画像もボタン一つで全部圧縮してくれる最強のプラグインですので、まだインストールしていない人はぜひ設定をしていきましょう!

 

EWWW Image Optimizerのインストール

EWWW Image Optimizer 設定方法

WordPressのメニューから「プラグイン」⇒「新規追加」で”EWWW Image Optimizer“をインストールして有効化しましょう。

プラグインのインストール方法が分からない方は下の記事を参考にしてみてください。

⇒ WordPressにプラグインをインストールする方法と注意点

 

EWWW Image Optimizerの設定方法|画像を圧縮できるプラグイン

インストールができたら「設定」から「EWWW Image Optimizer」を開きます。

EWWW Image Optimizer 設定方法

すると基本設定、高度な設定、変換設定、WebP設定の4つのタブがあるので、以下でそれぞれについて解説をしてきます。

EWWW Image Optimizer 設定方法

 

基本設定

EWWW Image Optimizer 設定方法

こちらでは「メタデータを削除」にチェックを入れます。

ここでいうメタデータとは画像ファイルにくっついているメモのことで、チェックを入れるとこれを自動的に削除してくれるようになり、画像サイズをより圧縮してくれます。

 

高度な設定

EWWW Image Optimizer 設定方法

こちらではいろいろと細かく設定をすることができるのですが、基本的には「無効にするpngout」にチェックを入れるだけでOKです。

 

変換設定

EWWW Image Optimizer 設定方法

こちらは「コンバージョンリンクを非表示」だけチェックをいれておきましょう。

これにチェックを入れたままだと、自動でpng を jpg に変換したり、 jpg を png に変換する機能が作動してしまい、画像の劣化を招くことになります。

 

WebP設定

こちらは特に何も設定する必要なしです。

 

EWWW Image Optimizerの使い方

それではいよいよEWWW Image Optimizerを使って画像を圧縮していきます。

 

すでにアップロードしている画像を圧縮する

過去にアップロードしてある画像を全て圧縮するには左側のメニューから「メディア」⇒「一括最適化」を選びます。

EWWW Image Optimizer 設定方法

 

これを押すと次のような画面になるので、その後「最適化されていない画像をスキャンする」⇒「最適化を開始」を進みましょう。

EWWW Image Optimizer 使い方

EWWW Image Optimizer 使い方

 

すると画像の一括最適化が始まります。

EWWW Image Optimizer 使い方

 

今回は1847画像ほどを一括最適化、最初は右側の残り時間が1時間20分ほどになっていましたが、そのうちスルスルっと進んで、結局20分もかからずに終わりました笑

ただ、大量の画像を一気に圧縮する時は、圧縮の最中、多少なりともサイトが重くなっているはずなので、訪問者のいない深夜の時間帯にやることがオススメです。

どれくらい圧縮されたのかを見たい時は「メディア」から画像の表示をリスト表示にして見ると分かります。

EWWW Image Optimizer 使い方

 

これからアップロードする画像を圧縮する

これからアップロードする画像を圧縮する場合は、特に何の操作も必要なく、アップロードするごとに勝手に圧縮してくれます。

ただその代わり画像のアップロードには圧縮作業が行われるようになって、いつもより時間がかかるようになるので注意です。

 

まとめ:画像はできるだけ圧縮しよう

ということで今回は画像を一括で圧縮できるプラグイン・EWWW Image Optimizerの設定方法と使い方について解説をしました。

このプラグインは非常に優秀なのですが、もしもサイズが4000 × 2000pxのような非常に大きな画像を使う時は事前にPhotoScape画像を縮小できるサイトを使って画像のサイズを調整しましょう。

たいていのブログは記事部分の横幅が600~1000pxくらいなので、それよりも遥かに大きな4000 × 2000pxを使うとなればその分容量が無駄になってしまいます。

そうなるといくらEWWW Image Optimizerで圧縮するといっても限界があるので、あまりもサイズが大きな画像は一度サイズを変更してからアップロードしましょう。

画像を圧縮して軽量化すればサイトの表示速度が上がり、Googleからの評価が上がってSEOも強くなります。

画像の容量の大きさはかなりバカにできない、というかそこが一番多く容量を使うところなのでぜひ少しでも無駄をなくしていきましょう。

     
nomadic wood

[Created]2017/06/14[Last Updated]2017/06/14 | Posted in Plugin
   

Related Posts