海外素材の宝庫!Envato Marketの使い方を日本語で解説!

[Last Updated]2017/02/27

Envato market

「ちょっと変わったWordPressのテーマが欲しい」

「海外っぽくてセンスの良い動画や音源素材が欲しい」

「お金をかけてもいいからかっこいいロゴや3Dの素材が欲しい」

こんなふうに思っている方にぜひオススメしたいのがEnvato Marketという海外のECサイト。

オーストラリア発のグローバル企業”Envato.com“という会社が運営しているサイトなのですが、

  • WordPressのテーマ、プラグイン
  • 動画素材
  • 音源素材
  • 写真素材
  • 3D素材

など、世界中のクリエイターやデザイナーたちが作った、ハイセンスでクオリティの高いデジタルプロダクトが1100万点以上も揃っています。

さらに値段もかなりリーズナブルで、特にWordPressのテーマなんかは高いものでもたったの$60ほど。

日本のテーマを買うのが馬鹿らしくなってくるレベルのクオリティと安さです。

今回はこのEnvato Marketの使い方について解説をしていきたいと思います。

「英語はちょっと…」という方にも簡単に使えるものですので、ご安心を。

 

Envato Marketとは?

Envato

冒頭でも軽く説明をしましたが、改めてこちらのサイトの説明をします。

Envato Marketはオーストラリア発のグローバル企業”Envato.com“という会社が運営しているサイトで、世界中の人たちが自分のプロダクトを投稿して販売することができるECプラットフォームになります。

世界中で会員登録者数は約800万人販売されているコンテンツは1100万点を超えるデジタルコンテンツのマンモスサイトです。

大きなカテゴリーは全部で7つあり、ぞれぞれ

  • themeforest:WordPress、Joomla、Drupal、Magento、Landing Pagesのテンプレート
  • codecanyon:WordPressのプラグイン、PHP、Javascript、HTML5、Bootstrap、iOS、Androidのスクリプトコード
  • videohive:動画素材
  • audiojungle:音源素材
  • graphicriver:グラフィックやベクター素材
  • photodune:写真素材
  • 3docean:3D素材

に分かれています。

しかもこのサイトの良いところは、検索機能はもちろんですが

  • トレンド順
  • 売れている順
  • 評価が高い順
  • 価格が大きい・小さい順

でソートができるところ。

Envato

価格も「何円〜何円」までと具体的に決めることができるので、人気のアイテムや自分の希望価格にあったものを速攻で見つけることができます。

「日本のサイトではあまり良い素材が見つからなくて悩んでいる」

「他の人たちと被りたくない」

こうした悩みを持っている方には、ぜひともオススメにしたいサイトです。

 

Envato Marketの使い方を日本語で解説

Envato Marketがいかに優れているのかが分かったところで、早速使い方について解説をしていきます。

 

アカウントを作成

まずは右上の”Create an Envato Account”をクリックします。

Envato

 

すると次のような画面になるのでそれぞれのフォームを埋めていきましょう。

Envato

全部埋めたら、”I’m not a robot”(私はロボットではありません)にチェックをして、”Create Account”を押します。

 

すると入力したアドレスにメールが届きます。

Envato

メールに記載されているURLをクリックして、あなたのアカウントを認証しましょう。

 

すると再度Envato Marketのページに飛びます。

Envato 

右上のほうを確認して自分のユーザーネームが表示されていれば登録成功です。

 

Envato Marketで買い物をする

それではEnvato Marketで何か買い物をしてみましょう。

今回はthemeforestからWordPressのテーマを購入してみます。

Envato

 

おそらく初めて使う場合は自分の所在地、ニュースレターの利用、利用規約について表示されます。

Envato

それぞれこのように入力して次へ行きましょう。

 

次にグローバルメニューから”WordPress”を選択します。

Envato

 

すると次のような画面になり、WordPressのテーマが一覧になって表示されます。

あとはこの一覧に条件を付けて自分が欲しいものを探していきましょう。

Envato

一応日本語訳を載せておきます。

  • Trending items : トレンドのアイテム
  • Best seller:よく売れている順
  • Best rated:評価が高い順
  • Price low to high:価格が安い順
  • Price high to low:価格が高い順

左側にあるサイドバーを使えば、もっと細かく設定ができるので活用してみて下さい。

 

今回はお値段がお手頃で、評価も5つ星なこちらのテーマを買ってみます。

Envato

 

クリックするとそのテーマの説明ページに飛びます。

Envato

Live Preview“という部分があるので、ここでどんな感じのテーマなのか確認できます。

 

このテーマでよければ右側の”Buy Now“を押します。

ちなみにその周辺に何が書かれているかというと以下のことです。

Envato

Envato Marketで購入したテーマにはほとんどのもので将来に渡るアップデートと、6ヶ月間メールでの無料サポートがついてきます。(メールサポートは英語でやり取りです)

また、その下の部分にチェックを入れればお金はかかりますが、サポートを12ヶ月まで延長可能です。

 

Buy Now“を押すと以下のように自分の名前や住所を入力する画面になります。

Envato

こちらの画像に沿って入力をしていきましょう。

住所は例えば「東京都中央区日本橋1−1−1 郵便番号104-0044」の場合

  • Adress line 1:Nihombashi 1-1-1
  • City:Chuoku
  • State:Tokyo
  • Zip:104-0044

と入力します。

最後に余計なものを買っていないかどうか値段をチェックして”Save and Continue“で次に進みましょう。

 

すると次のような支払い方法を選択する画面になります。

Envato

海外のECサイトで何かを購入する場合はぜひ安全なPayPalを使いましょう。

あとはPaypalの日本語の手順に沿って決済をしていけばOKです。

クレジットカード決済でもPayPal決済でも$2の手数料がかかかります。

 

Envatoでテーマを購入後

テーマを購入すると次のようなメールが来ます。

Envato

これで”My downloads”を押せば、ダウンロードのページへいけますので、自分のローカル環境にテーマのファイルをダウンロードして、あとはそれを自分のWordPressにインストールするだけです。

簡単ですね。

 

領収書の発行

領収書の発行にはメール内の”your statement here“を押します。

Envato 領収書

 

すると次のような画面になりますので、領収書を発行したいものを選んでクリックしましょう。

Envato 領収書

 

するとこのように領収書が見れます。

 

過去の分もタブを変えれば見ることができます。

Envato 領収書

 

まとめ

ということで今回はEnvato Marketの概要や使い方について解説をしてみました。

Envato Marketは本当にクオリティが高くて、それでいて信じられないほど安いものがたくさんあります。

英語でしか使えないのがネックですが、それほど難しくもないと思うのでよろしければぜひ活用してみて下さい。

ちなみにWordPressでオススメの海外テーマに関しては「シンプルかつ高機能!WordPressでオススメの海外のテーマ5選」で紹介していますので、よろしければご参考下さい。

     
nomadic wood

[Created]2017/01/23[Last Updated]2017/02/27 | Posted in WordPress, Tools
   

Related Posts