楽天アフィリエイトのやり方や登録方法|ブログ埋め込みや稼ぎ方も

[Last Updated]2017/05/15

楽天アフィリエイト

トレンドアフィリエイトなどのアクセスを大量に集めるアフィリエイト手法と非常に相性が良いのが、楽天やAmazonを使った物販アフィリエイト。

僕たちが普段よく使っているこれらの通販二大巨頭サイトは実はアフィリエイトのプログラムを組んでいて、そこに置いてある商品のほとんどが自分のサイトに掲載することができます。

今回はこのうち、楽天アフィリエイトの登録方法からそのやり方まで解説をしてみました。

A8.netやアフィリエイトBなどのASPよりも非常に簡単に収益を出すことが可能ですので、トレンドブログを作っている方はぜひ利用していきましょう。

 

楽天アフィリエイトとは

楽天アフィリエイト

楽天アフィリエイトとはその名の通り、通販大手の楽天が運営しているアフィリエイトプログラムです。

あの楽天が運営しているので、物販のアフィリエイトを行っているサイトとしてはAmazonに次いで国内で2位の規模を誇ります。

基本的な仕組みとしては通常のアフィリエイトと全く一緒で、楽天市場の商品などを自分のブログやサイトで紹介し、その紹介を通じて商品が購入された場合に報酬が発生します。

アフィリエイト 仕組み

ブログを収益化をするのに最も簡単なのはクリック報酬型のAdSense広告ですが、成果報酬型の楽天アフィリエイトを併せて利用することでより収益を安定&大きくすることが可能です。

 

楽天アフィリエイトの特徴

商品数が豊富

まず、楽天アフィリエイトの特徴はなんといってもその商品数の多さ。

楽天市場の2億を超える商品や楽天トラベル、楽天ブックス、楽天カード、楽天GORA(ゴルフ)など、幅広いジャンルのサービスから好きなアイテムを選ぶことができます。

A8.netやアフィリエイトBといったASPを使う場合は基本的には、「アフィリエイトする商品を選ぶ⇒それを紹介する記事を書く」という流れです。

しかし、楽天アフィリエイトの場合はこの通り商品数が膨大なため、どんなジャンルの記事を書いてもそれと相性が良い商品を見つけてきて記事を書いている途中で商品の広告を挿入することができます。

これはトレンドアフィリエイトなどのジャンルにこだわらずにとにかく検索需要が多いキーワードで記事を書くごちゃまぜブログには非常に嬉しいですね。

 

cookieの保存期間が30日

クッキー(cookie)とは、Webブラウザの中に閲覧情報が保持される仕組みのことで、アフィリエイトにおいてはクッキー情報を元に「どのサイト経由でユーザーが訪れ、アクションを起こしてくれたか」を識別しています。

楽天アフィリエイトの最大の特徴がこのクッキーが30日もあることで、ユーザーがブログ内に掲載した広告をクリックした後、30日以内に商品を購入してもらえば成果対象となります。

ユーザーに衝動買いをしてもらう必要がないので、より成果発生までのハードルが低いです。

 

掲載した広告以外の商品が購入されても成果になる

また、楽天アフィリエイトではブログ内に掲載した広告以外の商品が購入された場合でも、成果対象となります。

例えば、ブログ内に掲載した楽天市場の商品広告をクリックされた後、楽天トラベルで旅行予約をされた場合でも報酬を受け取ることが出来ます。

とにかく自分のブログ経由で楽天に入場してもらって、クッキーが残っている30日以内に何かしらの買い物を楽天で行ってもらえれば良いので成果発生がかなり簡単です。

この辺りは様々な分野でネット事業を手がけている楽天の強みですね。

 

楽天会員になれば即使える

通常、ASPを使って自分のブログに広告を載せるとなるとサイトの審査が必要になってきますが、楽天アフィリエイトの場合は面倒な手続きなど一切なし。

楽天会員ならいつでも無料で楽天アフィリエイトへの参加、利用ができます。

もちろん楽天会員になるのも基本的な自分の情報を入れればすぐできます。

 

基本的な報酬の受取は楽天スーパーポイント

楽天アフィリエイトで発生した報酬は基本的には「楽天スーパーポイントというもので支払われてきます。

これは1ポイント1円相当として、50ポイントから楽天市場などのお支払いに使うことができます。

3,000ポイントを超えると楽天で使えるオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」になり、楽天キャッシュであれば現金化することが可能です。

ただし、現金化をするには楽天口座を開設している必要があり、現金化をする際に手数料として換金額の10%と消費税が引かれてしまいます。

この辺りがちょっとややこしいところですね。

楽天アフィリエイト

初心者には非常に優しい楽天アフィリエイトですが、唯一このように現金化までのハードルが高い点がデメリットとして挙げられます。

こういうことを考えると楽天アフィリエイトで得た収入は楽天スーパーポイント、または楽天キャッシュでそのまま楽天内で使うのが良いでしょう。

 

ちなみにAmazonアソシエイツとの違いは以下の記事で紹介しています。

⇒ Amazonと楽天アフィリエイトの違いを徹底比較!オススメはどっち?

 

楽天アフィリエイトの登録方法

それでは実際に楽天アフィリエイトを始める方法について解説をしていきます。

楽天アフィリエイトを始めるにはまず楽天の会員になることが必要です。

こちらの楽天アフィリエイトの公式ページから楽天へ会員登録をしましょう。

⇒ 楽天アフィリエイトの公式ページ

楽天アフィリエイト

 

あとは案内に沿って楽天の会員になるだけです。

楽天アフィリエイト

 

会員登録が完了すると楽天アフィリエイトのトップページに行きます。

上のほうに「サイト情報の登録・確認」という赤いボタンがあるので、こちらから自分がこれから広告を貼るサイトを登録しましょう。

楽天アフィリエイト

 

すると次のような画面になるので「サイトを追加」を押します。

楽天アフィリエイト

サイト情報の登録項目が表示されますので、

  • 運営サイト名
  • 運営サイトURL
  • 運営サイトのジャンル
  • 運営サイトで扱う商品ジャンル

を入力して、一番下の「サイト情報を登録する」をクリックすれば、楽天アフィリエイトへのサイト登録は完了です。

非常に簡単ですね。

 

楽天アフィリエイトのやり方|ブログへの埋め込み方法

では、ここからは実際に楽天アフィリエイトで選んだ広告を自分のサイトに埋め込むまでをやってみましょう。

 

広告を作成する

まずはトップページからアフィリエイトをしたい商品を検索で探します。(今回はワンピースのコミック85巻でいきます)

楽天アフィリエイト

 

該当する商品を見つけたら、右側にある「商品リンク」を押しましょう。

楽天アフィリエイト

 

すると次のように広告のタイプやサイズを選ぶ画面になります。

楽天アフィリエイト

 

右のほうにある「ここをクリック」というところを押せば、さらに詳細な設定が可能です。

楽天アフィリエイト

 

ブログへ埋め込む

広告のタイプやサイズを選択して下のほうにいくと、コードが生成されています。

楽天アフィリエイト

 

あとはこれをWordPressの場合は「テキストモード」にして埋め込むだけです。

楽天アフィリエイト やり方

 

これで確認してみると広告が表示されているはずです。

楽天アフィリエイト

 

楽天アフィリエイトの稼ぎ方

楽天アフィリエイトの基本的な稼ぎ方としてはいかに多くの人に広告をクリックしてもらうかということになります。

楽天アフィリエイトはクッキーの保存期間が30日もあるので、とりあえずクリックさえしてもらえればその後収益が発生する可能性がかなり高いです。

よってトレンドアフィリエイトと同じくまずはたくさんのアクセスを集めること。

基本的な狙いとしてはAdSenseによる収益発生で、サブ的な位置づけとして楽天アフィリエイトでも収益を狙うというのが良いでしょう。

 

まとめ:トレンド × 物販で収益をさらに挙げよう

ということで今回は楽天アフィリエイトのやり方や登録方法について解説をしました。

楽天やAmazonはトレンドアフィリエイトとも非常に相性がよいので、AdSenseの収益化が慣れてきたらぜひこちらも手を出してみましょう。

ちなみにAmazonアソシエイツとの違いは以下の記事で紹介しています。

⇒ Amazonと楽天アフィリエイトの違いを徹底比較!オススメはどっち?

     
nomadic wood

[Created]2017/05/14[Last Updated]2017/05/15 | Posted in Affiliate
   

Related Posts