Preziをブログに埋め込む方法!レスポンシブはしなくてOK

[Last Updated]2017/01/26

Prezi WordPress 埋め込む

今回はPreziをWordPressのブログに埋め込む方法について解説をしていきます。

非常に簡単になりますので、ぜひ安心して取り組んでみて下さい。

 

PreziをWordPressブログに埋め込む方法

やり方はとっても簡単。

埋め込みをしたいPreziのページへいきます。

Prezi WordPress 埋め込む

そして赤枠で囲った「埋め込む」というボタンを押しましょう。

 

すると次のような画面になります。

Prezi ブログ 埋め込む

ここでまずは大きさを決めます。

それからその下のラジオボタンにもお好きなほうにチェックを入れましょう。

選択し終わったら、「クリップボードにコードをコピー」をクリックして、あとは記事の中に貼るだけです。

ブログ WordPress 埋め込み

WordPressに貼る場合はテキストモードにするのをお忘れなく。

 

大きさに関してですが、個人的には「幅:高さ=11:7」にするのがオススメです。

というのも初期の状態では幅が550ピクセル、高さが400ピクセル(「幅:高さ=11:8」)になっているのですが、これだとPreziで全画面表示をした時と見え方が異なっていまいます。

 

・Preziで全画面表示をした時

Prezi ブログ 埋め込む

 

・幅550ピクセル、高さ400ピクセル(「幅:高さ=11:8」)にした時

Prezi ブログ 埋め込む

 

ちょっと分かりにくいと思いますが、幅550ピクセル、高さ400ピクセルだと上と下の余白が全画面表示の時よりも大きくなっていまいます。

Prezi ブログ 埋め込み

 

これが幅550ピクセル、高さ350ピクセル(「幅:高さ=11:7」)だと…

・幅550ピクセル、高さ350ピクセル(「幅:高さ=11:7」)にした時

Prezi ブログ 埋め込み

このように全画面の時と表示が近くなりました。

かなり細かいと思いますが、プレゼンが進んでいく前に余計なところが見えてしまうと嫌だと思いますので、こだわりたい方はこの比率を守ってみて下さい。

 

Preziはレスポンシブにする必要なし?

インターネット上ではPreziをレスポンシブにして埋め込み方法について紹介している記事もありますが、僕個人的には別にレスポンシブにしなくても良いのではと思います。

というのもレスポンシブ対応にしてしまうとせっくのプレゼンが見えにくくなるからです。

こちらがレスポンシブ対応にしてスマホで表示をしてみた時。

Prezi ブログ 埋め込み

この通り、下から出てくるツールバーでプレゼンの4分の1程度が隠れてしまいます。

 

こちらはレスポンシブにしなかった場合。

Prezi ブログ 埋め込む

多少、上と下の黒いスペースが気になるかもしれませんが、プレゼンが隠れてしまうよりはマシなはずです。

 

まとめ

ということで今回はPreziをブログに埋め込み方法について記事にしてみました。

特にプラグインも必要ないですし、非常に簡単でしたね。

     
nomadic wood

[Created]2017/01/27[Last Updated]2017/01/26 | Posted in Prezi
   

Related Posts